アガリクスの基礎知識

アガリクスって何?

アガリクスというキノコが癌の治療や予防に効果が高いとして、近年アガリクスを使用した健康サプリメントなどが数多く販売されていますが、安い商品でも5000円前後しますし、平均では2万から3万円と非常に高額です。


このアガリクスとは本来、ブラジルの一部の地域に自生していたキコノの一種なのですが、皆さんが一般的に使用しているアガリクスというキノコ自体は存在しておらず正式には、ハラタケ科ハラタケ属に属しているキノコでカワリハラタケの俗称をアガリクスと称して呼んでいます。同じ属性のキノコでは皆さんに馴染みが深いマッシュルームなども同じ仲間のキノコとなっています。


このアガリクスには、癌細胞を消し去る効果がある、免疫力を高める効果があるので癌の再発防止に高い効果を発揮するなどという調査結果が発表されたことや、アメリカの大統領でもあったレーガン大統領も癌に侵された際に服用していたなどのニュースが流れると、またたく間に世界中へと広がっていきました。 当然日本国内でもアガリクスを取扱う業者は急激に増えていき、日本国内での栽培も盛んに行われるようになりました。


しかし、当時の日本人にはアガリクスに対する知識が低い事もありアガリクスの名前だけを利用した悪徳業者が多く出現したり、価格も高額であった為、人気にも陰りが見え始めた頃に追い打ちをかけたのが厚生労働省から発表されたアガリクスに癌を促進する成分が発見されたという調査報告でした。これにより日本人のアガリクス離れが急速に進むことになるのですが、後に厚生労働省から新たに発表された内容にはアガリクス自体に発癌性の物質が有る訳でなく、商品として加工する際に一部の業者が発癌性を促進する物質を使用していたと訂正されました。


このことを受けアガリクスに対する評価や信頼も回復傾向にあります。 さらには、アガリクスについて公正中立な立場で安全性などを調査研究するアガリクスブラゼイ協議会という機関も発足されています。